「スプレッド」とは外為は外貨を売り買いして儲けを生み出す取引です。http://webmania.to

売り買いの値段は、常に動いています。

それがマーケットです。

テレビのニュースをみているとドルやユーロのレートの情報が流れる時があります。

よく見るのが「現在のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを意味しています。

言い換えると、トレードには買いと売りの2つの値が存在している事を表しています。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表しているFX会社もあったりします。

通常は買値よりも売値のほうが安く設定されています。

あなたが買値は高く、売値は安くなるはずです。

この差分をスプレッドといい、取引業者の稼ぎとなっています。

スプレッド幅は会社によって違います。

スプレッドの差は自分自身にとって経費になるので低い業者をセレクトしたほうが得します。

ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

普段は円とドルの通貨ペアでたった1銭のスプレッド幅でも、相場の上下動が大きい状況では広くなったりする状況があります。

という訳で、スプレッドが低いのと合わせて安定している事が必要です。

現在では固定でスプレッドの差を表示するFX取引会社も数多くあります。

リアルに取引会社の注文画面の上でリアルな市場を見て確認しなければ判別できないので面倒ですが、必要不可欠な事です。

貴重な投資資金を投資してトレードするのだから本物の注文の前に、興味を持ったFX会社の取引口座開設をどんどんして、示されているスプレッド幅を確認しましょう。

同じ通貨の組合せその時点の為替相場のボラティリティによって、スプレッドは変化します。

たいがい、インターバンク相場で取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が小さくこの他の通貨ペアではスプレッドの広さが拡大する事がよくあります。