間接的カードの仕方は簡単です。カードにおいて直に払えない販売物をダイレクトに買い込むのではなく直接商品を買わずに買い付けする方が良いのです。表現が簡素な事により、最初に商品券の実例を見ながら述べてみようと考えます。例になる人物が有名なコートを購入したいと思っているとします。手に入れたい有名な銘柄のコートを販売しているショップでは購入したくてもクレジットカードで買う事が無理です。しかしMasterCard、Diners clubなどの券によってなら支払いを許可してくれるといっています。ですので例になる男性はクレジットでギフト券を購入した後でギフト券ショップに出かけクレジットを活用してVISA、NICOSなどののギフト券を購入するとします。そして使用したクレジットカードを活用して注文したAmerican Express、NICOSなどの券を店に携えて訪れ、欲しかった高価な財布を注文したとしましょう。「なんで金券でそれを購入した個人は上記のような面倒なやり方をしているの?」と訝しむ人もいるかもしれませんが、実際説明した技法を使うなら一般なら得られる事がなかったクレジットポイントがつきます。普段通り、金を払う事で有名な財布を取り寄せしたりした場合ローンポイントはつきませんしMasterCard、NICOSなどのギフトカードを直接お金で買い取りした後に使用してもポイントは得られません。ところが上記で述べたケースの時であるならVISA、MasterCard、NICOSなどのギフトカードをカードで買い付けしたという理由により、素晴らしいカバンを購入した分とつりあう数のクレジットカードポイントがもらえる事になります。こういう事例が段階を踏んでクレジットカードを運用した事になるという根拠により直接的でないクレジットカードと呼ばれる手法です。