現金化を目的として列車等の回数券等をいっぱい購入すること・・・のキャッシュ化サービスを使用しないで、自分で換金を目的としてカードを利用するというのも同じです。お金に変えることを意図したクレジットカードショッピングであると、クレカの規約違反と見做されてしまうためだからです。必要以上の電車の回数券であったり切手販売においてのクレジットカード使用は、場合によっては換金する目的ではないのか??というように目をつけられることなどが考えられるため、細心の注意を要します。さらに、使用時にキャシング利用可能額というものが限度となってしまっている契約者ケースには新幹線の乗車券を決済するだけでもクレジットカード会社によりチェックの電話が入ってしまうこともあるから経済状態が悪い時の使用は不可能になっている模様。経済的に問題がある時に試みる内容はみんな一緒なのだろう。クレジット発行会社から見て喜ばしくない利用法をしてしまう>だいぶ前に話題だった『永久不滅』など、発行会社に微塵もプラスとなり得ないような正当でない利用を行った場合にはクレジットの会社側から強制退会という扱いになる例があるのが現実です。ネット上に話題となっていたポイントの不正搾取というような世間には広まっていない秘密のやり方というものがある場合でも、その手法というのはどう考えてもカードの規定違反であるから何があっても使わないようにしないほうがよいでしょう。失効の契約情報は流通する:カードを強制失効させられてもほかのクレジットというのは使えるから1枚くらい良い??という風に考えている人は、今の情報社会においてはその考え方が命取りになる危険もあります。なぜかと言うと、そもそも強制没収となってしまうようなケースにはクレジットの会社にて閲覧可能な信用機関へその契約情報が上書きされてしまうため、契約者の信用情報が急落することもあるのです。どこかたった1枚であるとしてもクレジットを没収となるとそれ以降クレカであっても契約しにくくなってしまうようですし最悪今持っているクレカを失効扱いとなる可能性もあるだろう。強制退会されずにそのまま使用できるようでも更新と同時に継続できなくなることもあり得ます。兎にも角にもしつこく述べていますが強制没収という扱いになるほどの利用方法はまずしないようにクレカをご使用頂きたいと考えています。