借金などの支払い方式というものは金融機関各個でかなり差異というものがあって多様なやり方が取り入れられています。一般的なところでは残高スライド法やリボルディング方式などが導入されているようです。そしてこういった多くの人がご存知のリボですが本当のことを言うと算定に多くの種別があるのです。したがってさのごとき法に応じて引き落し総額が異なってきてしまうわけですので、心得ておいて負担になることはないはずです。それでは理解しやすくこれらのやり方のへだたりに関して解説します。ひとつは元金均等払いで二つめは元利均等払いです。両者はその名のとおり元本を均分に払っていくというのと元金と利子を全部で一様に支払っていく方法になります。ここではもしも10万円借りたとして実際上どういう算定をするのか試してみましょう。利分に関してはいずれも15%と設定して考えます。更にリボルディングに関しての支払額は1万円というふうに算定します。ともかく元金均等払いのほうからいきましょう。こんな時の1度目の引き落しは1万円へ利率分1250円を加算した支払額となります。2回目の引き落しについては1万円に利息1125円を足した引き落とし金額となります。こういったようにして10回にて支払を終わらせるという方法です。他方、元利均等払いとは1回目の返済は1万円で元本へ8750円金利に1250円というようにして割り振りをします。次の引き落しについては元金が8750円に減少した状態にて利率を計算して、その1万円をまた分配するのです。要するに、元利均等払いの場合では10回で支払が完了しないといった計算になります。こればかりの差異で両者がいかに変わっているか十分にわかったことでしょう。元利均等というものは元金均等と比肩して顕然と元が減るのが緩慢と言うウイークポイントというものがあるのです。言い換えれば金利を余計に返済するという状況になるわけです。一方、1回目の支払いが小さな額で済むといったメリットもあるのです。こういう引き落し手法に関してのギャップに応じて、支払額というのは相異なってくるので自分の嗜好に合う計画をするようにしてください。